電話で問い合わせ メールで問い合わせ
チタンQ&A

チタンQ&A

Questions and Answers

HOME>チタンとは>チタンQ&A

重さが約60%軽く、強度が2倍の強さです。

高いです。つまり、鉄よりも「錆びにくい」です。
海水中では、白金に匹敵します。

用途に合わせて、他の合金元素を添加したチタンの事です。
添加する元素の種類や配分によって、強度が増すなどの特徴があります。

可能です。「陽極酸化処理」という方法で、チタンの表面に薄い酸化被膜を生成させると光を干渉して色が見えてきます。被膜の厚さによって色調が変化します。

様々な加工によって納期が異なる為、是非お問い合わせください。

材料の販売については、1本、1個、1枚から対応が可能です。
加工が必要な製品、部品に関しては営業担当者(info@ofa-titanium.com)にお問い合わせください。

引張強さはステンレス鋼590MPa、純チタンは390MPa、チタン64合金は895MPaとなります。チタン64合金は、純チタンより1.7倍以上もの強さを持っています。

ステンレスは錆びますが、チタンは安定した不動態皮膜(自然に生成する酸化皮膜=TiO2)で保護され錆びにくいです。

SUS304に比べて、価格が高い事と、硬度が低い事がデメリットです。
オーファでは幅広い仕入れルートと、取扱量の多さから価格の優位性があります。また、硬度を高める特許表面処理技術「FG処理」により、デメリットを補っております。

チタンは他の金属に比べて有毒性が低く、金属アレルギーの原因となるイオンの発生が少ない為、アレルギーを引き起こしにくいとされています。

ヤング率(Gpa)は、純チタンが106、チタン64合金は110、ステンレス鋼は199です。ヤング率が低いほど、しなりやすくなります。
比重(g/㎤)は、純チタンが4.51、チタン64合金は4.43、ステンレス鋼は7.9です。
硬度(Hv)は、純チタンが130Hv-230Hv、チタン64合金が320Hv以下、ステンレス304は200Hv以下です。

塗装ではありません。
「陽極酸化処理」という方法で、チタンの表面に薄い酸化被膜を生成させて光を干渉して色が見えてくる加工技術となります。