電話で問い合わせ メールで問い合わせ

よくある質問

FAQ

HOME>よくある質問

A チタンにアルミ(Al)を約6%、バナジウム(V)を約4%添加したチタン合金です。
純チタン2種に比べ、引張強さ1.7倍以上、耐力3.8倍以上あり強度不足でお困りのお客様にご使用いただいております。
加工性ついては一般的に難加工材と言われていますが、詳細について情報ご要望あればお問い合わせください。

A チタン64合金板については、国内製造メーカー材は流通ございません。
主に航空宇宙用途に使用されるため、海外メーカーが製造しております。なお、平角棒、鍛造品については一部国内製造されているものもございます。詳細については、お問い合わせください。

A 弊社で取り扱うメーカーは、VSMPO社がメインです。TIMET社、その他海外メーカーの取り扱いもございます。在庫状況によりご案内できるメーカーは異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

A 通称「64チタン」と呼びますが、主な規格は以下の通りになります。
①JIS規格(TAB6400)
②ASTM(アスタム)規格 (ASTM B348 Gr5等)… 米国試験協会(ASTM International )規格
③AMS(エーエムエス/アムス) 規格(AMS4911/AMS4928等)…航空宇宙規格
→いずれも同等の物性(化学成分・機械的性質)ではございますが、③については航空宇宙規格のため、より厳格な規定がございます。

A 通常は圧延後、酸洗仕上げになります。
なおチタン64合金は機械的性質が高いこともあり、冷間加工が困難なため、薄板の場合でも熱間圧延になります。
純チタンの表面とは大きく質感が異なり、意匠面での要求が高い用途の場合は、別途ご相談ください。

A およそ板厚の±10%とお考え下さい。
※お時間いただけるようでしたら在庫の実厚を測定させていただくことも可能です。

A センタレス仕上げの標準在庫品は~Φ16までとなります。
新規製造の場合はΦ18以上でもセンタレス対応可能ですので、ご希望ございましたらお問い合わせください。

A 純チタンにパラジウム(Pd)を添加した材料です。
耐食性、特にすき間腐食に優れ、化学プラント向け等に採用されています。

A 既製品のパイプはございません。サイズ・数量によっては板巻き溶接パイプ、または丸棒からのパイプ加工などのご提案をさせていただきます。詳細につきましては、お問合せください。

A レーザーで焼き色を付けて印字する方法です。

A 弊社のレーザーマーカーは、2次元対応のため平面への刻印は問題ございませんが、曲面や段差のある箇所への刻印は対応できかねます。 パイプなどへの印字については、長さ方向への刻印等は可能です。詳細は別途ご相談ください。なお刻印範囲は100mm程度以内になります。

A オリジナルロゴの刻印に関しましては、弊社ではロゴ製作等の対応は致しかねますので、お客様の方で完全データをご用意頂く必要がございます。データは、パスで作成されたデータであり、illustratorバージョン10以下に保存されたデータであることが条件です。

A 形状にもよりますが、およそ長さ400㎜程度まで対応が可能です。費用につきましては数量・形状により治具製作が必要な場合もあります。ご相談ください。

*本データは参考であり、数値を保証するものではございません。