ofa co.,LTD. ENGLISH
チタン ステンレス アルミ マグネシウム合金 開発商品 その他取扱製品 加工
会社概要
ご挨拶
製品情報
加工・設備情報
スタッフ紹介
お問い合わせ
ONLINE SHOP オーファ通信販売
Timo
LACROSSE SHOP
日本チタン協会 会員
HOME > Ofaニュース > まだまだ熱いラクロス
まだまだ熱いラクロス
満員のエコノミー席に揺られること10時間、青空広がるサンフランシスコに到着。
17年振りのサンフランシスコ・・・あの時と空の色は変わらない。
日差しは強いが湿気はなく空気はひんやりとしてジットリジリジリ暑かった日本を思うととっても気持ちがいい。
体感気温は23度位のだろうか。海からの風が心地いい。
レンタカーを借り、外へ出るとその乾いた空気と車に流れるラジオからアメリカを感じ、眠気も時差ボケも消えていった。

早速サンフランシスコ市内へ!映画やゴリエちゃんのプロモーションビデオで見た年期の入った路面電車が町中の坂道を走っている。どこもかしこも坂道。横浜も坂道が多いと言われるが、そんなのは比ではない。しかもカナリの急坂もあり、それに加えて一方通行や路上駐車の多いこと、足腰が丈夫ではないとこの町では大変だ。車移動も容易ではない。

まずは、市内のスポーツショップへ!予めリサーチしたお店に向かった。一方通行と戦いながら到着!2階建ての大きなスポーツショップにはジョギング、テニスからアウトドアグッズまで幅広く陳列されていて、その奥にラクロスコーナーを見つけた。
グローブ、シャフト、プロテクター・・・様々な種類があるが、日本同様思った以上に高い!
日本未発売のWarrior社のシャフトニューバージョン“Warrior Titan Levitation”(US$195)
も見つけた!航空宇宙用の稀少素材のチタン仕様と宣伝している製品である。
+15%の消費税をいれると約US$225 (\27,000)チタンといえども恐ろしく高級品だ。
多くの人にこのスポーツを広めるためにもギア(シャフトやプロテクター、グローブ、ヘルメットなど)はもっと安価で質のいいものを提供したいという希望がますます強くなっていった。

あっという間に夜を迎えたが、この日は夕方から街中停電になってしまった。街中停電なんて日本では考えられない。
早仕舞をするレストランやお店やさんが多く、早めにホテルへ戻った。
フロントで懐中電灯を渡され不思議な気分だが、部屋に入るやベッドにバタン・・
懐中電灯は枕元に置いたまま一夜を過ごした。

停電も復旧した翌日、今日もまた気持ちいい青空が広がっている。
近くのファミリーレストランIHOPへ。朝7時にもかかわらず、お客さんでいっぱいだ。テーブルには大きなジャムが幾つも置いてあり、オーダーするとすぐにドリンクがポットで運ばれた。
うっかり普通にオーダーしてしまったがビッグサイズのものばかり次々運ばれてきた。
あっっ・・・ここは、アメリカだった。

食べ過ぎの体にムチを打ち、海辺を散策。アザラシは、グタァとお気に入りの板の上に寝ている。
アザラシがふと自分に見えた・・・

気を取り直し、ラクロスの試合会場へ!
MLL(Major League Lacrosse)、シカゴ対サンフランシスコ戦がサンフランシスコ市内のKazar Stadiumで行われた。
スタジアム付近は落ち着いた住宅地と緑あふれる公園にあった。土曜日の今日は、ジョギングする家族連れとすれ違った。スタジアム横の空き地には、ラクロスをする子供達がたくさん!年齢も幅広い。ラクロスが自然に出来る環境がここにはあった。

スタジアム付近の駐車場や道には車がいっぱいでなかなか停められない程。
期待を胸にスタジアムに向かった。試合30分前スタジアムには子供達と大人がパラパラで、車の量を考えるとビックリしたが、時間が迫るに連れて、ドンドン人が押し寄せてきた!日差しが暑いので観客は車内で待機していたようだ。
スタジアム内ではグッズを売る露店や子供用のラクロス遊具が置いてあった。
子供達が自由に遊べるこの遊具は、ゴール練習用のものでいくつかスペシャルポイント用にボールが入る穴も作られて空気を入れて膨らますビニール製のもの。
これはナカナカ面白い!日本にもイベント時にこれがあると子供達が試せてラクロスに触れる機会が増えると思う!
男の子も女の子も4,5歳の子供達から小学生位まで自分の体程の大きなシャフトを必死に振っている姿がほほえましい。
みんな何度も並んでトライしていた。

13:00 国歌斉唱、試合スタート!
スタンドは観客で埋め尽くされた。年齢も上は70歳から赤ちゃんまで幅広い。孫と一緒に来たおじいちゃんや近所のお友達連れで来たオバチャングループ、ラクロスのシャフトを持って走る子供達、自分のチームウェアを来た高校生達、彼を応援に来たのかキレイ系の女子大生・・・
観戦用特注チェアも持ってきている熱いファンもいた。

風は冷たいが日差しは強いスタジアムで熱い戦いが行われた。遠くで見ていると日本人と変わらない体型かと思ったが、近くに行ってビックリ!身長は180cmオーバーの選手ばかり!シャフトを振る音まで聞こえる。
わざとかな?と思うくらい体や器具がバシバシぶつかる。観客席からも熱い応援が聞こえる。
サンフランシスコにチームマスコットドラゴンも盛り上げ役に一役買っていて、子供達と一緒に応援していた。
サンフランシスコ、シカゴ両チームとも得点を入れ続け、4クォーターともサンフランシスコが制し、21対11でサンフランシスコの勝利となった。

本場の選手の動き、観客の観る目・・・スポーツの醍醐味を味わうとともにワクワク感がとまらない。
ワクワク感・・・ここで戦う選手、観客席でシャフト握りしめて応援している子供達みんなが
Ofaのシャフトを持ってプレーする日がくることを考えると、この開発に取り組むパワーはまだまだ熱くなりそうだ。
ページTOPへもどる
Copyright(c) ofa co.,LTD. AllRights Reserved.