1. 会社概要
  2. ご挨拶
  3. 製品情報
  4. 加工設備
  5. スタッフ紹介
  1. トップページ  >
  2. FG(フレッシュグリーン)処理

フレッシュグリーン

フレッシュグリーン

弊社は平成19年8月6日付で「財団法人 電力中央研究所」殿の“チタン表面改質技術における特許”をライセンス取得致しました。(販売・製造権)

21世紀、豊かな環境や健康な生活の実現への関心は、わが国のみならず世界中で高まっています。
多くの金属材は生体毒性が問題視されていますが、チタンは生体適合性が高いことやステンレスの比重の約6割と軽いことから、生体材料としてではなく、幅広く生活用品として浸透しています。
その一方、チタンは活性な金属であり、ねじなどの接合部分では、焼き付きやかじり付きが問題となっていました。
チタンの表面改質は、“Fresh Green”チタンの特長を活かしつつ、表面の硬度や摩耗を向上させることができる技術です。
“Fresh Green”はみなさまに、環境にやさしく、健康で快適な生活の創造を提案します。

すぐれた耐久性を実現
チタンを越えたチタン材料 “Fresh Green”

Fresh Green”は酸化チタンの酸素の一部を炭素に置き換えた、炭素ドープ酸化チタンです。
“Fresh Green”は緻密で密着性の高い皮膜であるため、硬度や耐久スクラッチ性、耐摩耗性、耐熱性、耐食性など耐久性にもすぐれています。

FG(フレッシュグリーン)処理の特徴

硬度

硬度

硬度

“Fresh Green”の皮膜硬度はビッカース硬度で約1600と硬質クロムメッキを大幅に上回ります。



耐摩耗性

耐摩耗性

“Fresh Green”は高い耐摩耗性を有しています。チタンの表面改質として一般的なガス窒素やWC容射皮膜と比較して、摩耗が抑制できます。

耐摩耗性
FG(フレッシュグリーン)処理仕上げにより、耐磨耗性や硬度が向上

耐食性

耐食性

“Fresh Green”は優れた耐食性を有します。
“Fresh Green”は、チタンが腐食される1%沸騰塩酸や30%沸騰ギ酸など過酷な環境下においても、高い耐食性を有することがわかります。


光触媒(水処理への適応)

光触媒(水処理への適応)
水系における大腸菌群の低減効果を確認する

大腸菌群の低減効果

大腸菌群の低減効果

大腸菌群の低減効果



Variation

すぐれた耐久性を発揮する“Fresh Green”は自動車やバイク、航空機、福祉や医療分野、化学プラント、食品業界などに適用することにより、私たちの生活を快適で豊にします。



Fresh Greenパンフレット PDF ダウンロード

Fresh Greenの PDF ファイルをダウンロードいただけます。

pdf Fresh Greenパンフレット(日本語版) pdf Fresh Greenパンフレット(英語版)

adobe

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。


ページTOPへもどる